競売と任意売却|丁寧な不動産買取のためにすべきポイント|楽な売却手続きの計画
婦人

丁寧な不動産買取のためにすべきポイント|楽な売却手続きの計画

競売と任意売却

マンション

任意売却とは、住宅ローンが払えなくなった場合に融資を受けた金融機関との合意に基づき、家を売却することです。一般的に住宅ローンが払えなくなった場合の手段として、競売と任意売却の二つの手段があります。債権者により、競売となった場合、最低価格が裁判所によって決定され、2〜3ヶ月かけて入札が行われます。競売の場合は市場価格から2〜3割ほど安価で落札されることがほとんどで、時間的にも金額的にも当事者に負担がかかります。第三者に落札価格が決められることで、精神的な負担も大きいといえます。一方で、任意売却の場合には、一般と同様の売却手続きが行われるため、素早く手続きを行うことができ、時間的にも短くてすみます。また、不動産取引と同様であるため、自ら価格の交渉をすることもでき、比較的市場の相場と同等の値段で売却が可能です。

任意売却の手段をとった場合には、裁判所を通さずに普通の不動産取引同様に売買をするため、また、価格の傾向として、前項で述べたように平均的な市場相場と同等の価格で売却できることが期待できます。競売の場合は市場価格から2〜3割低価格で売却されることを考えると、これにより、自らの持つ残債務を大きく減らすことができる可能性があります。また、競売の場合は、債権者に売却代金のすべてがわたってしまいますが、任意売却を利用することで、自らにも売却代金を留保することが可能です。そのため、自らの資金で今後の生活を行っていける可能性があるのです。このように、任意売却を行った場合には競売に持ち込まれるよりも多くのメリットを得ることができるのです。